2019.01.07

【FITTING STUDIO GOLF WARP】最高のパフォーマンスで応える老舗クラブ工房

ワープ (4)

 

REVOLVER FWとTOXIC FWの組み合わせは飛距離と方向性を高次元で実現するフェアウェイウッド。パー5でも楽に2オンを狙っていけるはず。

奈良駅から一駅北に位置する平城山駅(ならやまえき)の駅前ロータリー西側にある、アクセス便利なゴルフ工房がFITTING STUDIO GOLF WARP(フィッティングスタジオ ゴルフワープ)。県下屈指の老舗ゴルフ工房ということもあり、ビギナーからシングルプレーヤーまで幅広い層のゴルファーから支持されるショップで、「まっちゃん」こと店主である松田明宏さんの経験豊かで確かな腕前とおおらかな人柄が手伝って、連日にぎわいを見せている。
 

ワープ (1)

 
そんな松田さんの「少しでも自分にマッチしたクラブを使ってもらい、より楽しく、そして長くゴルフを楽しんでもらいたい」という気持ちを具現化したのがこの工房で、もちろんゴルフに対する情熱は人一倍。こだわりが強いクラブマニアの要望にも応える技術、感覚だけでなくデータを基にわかりやすく説明する対応、組み上げられたクラブの出来栄えなど、どれをとってみても一級品でさすがベテランフィッターと感じずにはいられない。
 

同店もREVE製品取扱店。「REVEさんはユーザーさんの目線に立ち、ユーザーさんの結果を導き出す製品をつくられているメーカーだというイメージです。同じモデルであってもカラーリングを数種類の中からチョイスできるというのもゴルファーにとってですごく好感が持てますよね」と松田さん。なかでも2019年1月中旬発売予定のフェアウェイウッド専用シャフト、「IMPACT BORON REVOLVER FW」、そしてフェアウェイウッドヘッド「TOXIC FW」は実に魅力的な組み合わせだという。「REVOLVER FWはドライバーシャフトIMPACT BORON REVOLVERの流れを汲むだけあって、特有の大きなしなりと驚くべき戻りスピードで、楽に飛距離を伸ばせるぶっ飛びシャフト。しかもラフにも負けない先端の強さも兼ね備えていますので、方向性も抜群です。ヘッドのTOXIC FWはフルチタンで抜けの良さは抜群。軽量で座りが良く、少し小ぶりなフォルムも安心感がある。打音は小さめ、打感はフルチタンながら弾き感を抑え、上級者でも使えるようコントロール性を高めています。飛距離も申し分なく、パー5でもセカンドショットで楽にグリーンを狙っていける楽しみな組み合わせです」と松田さんは称賛を惜しまない。
 

ワープ (2)
ワープ (3)
ワープ (5)

 

【FITTING STUDIOGOLF WARP(フィッティングスタジオ ゴルフワープ)】
■住所 奈良県奈良市佐保台西町92番地
■TEL 0742-31-3421
■営業時間 11:00~20:00(日曜日定休)
https://ameblo.jp/golfwarp31/